最新情報

このサイトについて(作成しているソフト)

Phononと申します。

ここは色度図(Chromaticity Diagram)を作成するプログラム ColorAC(カラーエイシー) の開発のサイトです。

一般色度図例

 ColorACは Phononの自作ソフトです。色度図(の画像)を作成するPC(Windows)のアプリケーションです。 色度図を作るソフトはほとんど見当たらないので、作ってみました。

業務での利用も特に制限無く可能です
(詳細は 説明書 ColorAC_doc1.PDF 参照)。

開発環境はWindows7、VS2008 VC++ (MFC)で開発しています。
不完全な部分が残っていますが、ベータ版として公開しています。

 色度データをグラフにプロットするには、Excelでも散布図を使えば可能ですが、ColorACならば、座標系CIE1931、CIE1960UCS、CIE1976UCS、 の間で、自働的に座標変換して 自由に表示を切り替えられます。さらにCIE1976L*a*b*のa*-b*図、HSVのチャートも、色度データの内部変換で生成できます。  また、色度の表示範囲の拡大/縮小がマウス操作で自在に変更できますし、JIS Z 8725準拠の相関色温度、多原色もサポートするカバー率の計算、CIE1994、CIE2000などの色差計算も簡単にできます。 また、ICCプロファイルから 色度データを読み込む事ができます。

 作成する色度図の画像は、最大 4000×3000程度(PCのメモリ環境によります)まで生成でき、精細度の高い色度図が手軽に作れます。

ダウンロードできるデータ

ColorAC(ソフト本体)のダウンロードは、ダウンロードページにあります。
ColorACで作った色度図の画像サンプルがギャラリーのページにあります。
ColorACはVectorのサイトからもダウンロードできます → Vector

コンタクト/リンク

質問、御意見等はダウンロードのページの下にメールアドレスがあります。

当サイトはリンクフリーですが、リンクする場合に連絡をいただけると嬉しいです。






更新履歴・最新情報

2016年5月30日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.776 → 0.777
           サマリ表示のオプションに、出力先選択のダイアログを表示せず、
            直接テーブル形式を表示する選択肢を追加(これを標準とする)
           多点アイテムの領域塗りつぶしのChromaticalBackgroundに、
            CIELAB_Clipのオプションを追加
           多点アイテムの領域の塗りつぶしのBackgroundにおいて
            「中心の色で全面を塗りつぶし」の設定が保存できない不具合を解消

2016年4月12日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.775 → 0.776
           可視領域彩色のグリッド透過で、グリッドの色が明るい場合に
           単純に透過させると可視領域彩色よりも明るくなって不自然に
           見える現象の対策(グリッドの背景との対比で補正)

2016年3月22日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.774 → 0.775
           Chromatical Background Property(Visible Area設定ボタンで表示)の
            透過率などのスラダが動き難くなっていた現象の対策
           Summaryの面積比(NTSC比、カバー率など)を 百分率(%)表示するオプション追加
           多点アイテムの文字書き込み(String Label)で、データ点番号を表示する選択肢
            (No. of chromaticity point)を追加(多点アイテムのみ有効)

2016年2月24日

    作製室のページに、ICCプロファイルの色域制限を追加しました。

2016年2月23日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.773 → 0.774
           アイテム束ねを使用した際に、アイテムリストのPlot有無の表示とアイテムの設定が
           一致しないバグを修正しました。
           多点アイテムのデリミタが認識されないケースがあり、修正しました。

2016年2月5日

    作製室のページに、ColorACでNTSC比、カバー率を計算を追加しました。

2016年2月4日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.772 → 0.773
           Multipointの入力データ形式のRGBで、データ補正アイテムの指定に対応しました。
           その他、説明書の記載追加等。

2016年1月19日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.771 → 0.772
           CIE1994色差で、基準色度と評価色度の関係が逆になっていました。
           急遽修正します。

2016年1月12日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.770 → 0.771
           凡例画像のフォーマット調整(文字の右側スペースを削除)
           グラフ画像に凡例画像を貼り付ける時に、影を追加

Legend 貼り付け例

2015年12月29日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.769 → 0.770
           グラフ画像に凡例画像を貼り付けた状態での出力機能を追加
           ICCプロファイルのインポートのダイアログのバグ修正

2015年12月20日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.768 → 0.769
          多点アイテムのデータ入力形式に CCTとduvの組み合わせを 追加。

input form CCT-duv

          ユーザ定義グラフエリアに目盛の3段階選択ラジオボタンを追加。
標準的な目盛設定 メイン画面で変更可能→ 粗い目盛設定

2015年12月10日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.767 → 0.768
          ICCプロファイルのインポートで、RGBWアイテムとData Transformationアイテムの
          組み合わせ選択が逆になる不具合の対策


2015年12月3日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.766 → 0.767
          アイテムの領域塗りつぶしの 2.Backgroundの設定に、”領域全てを中心色で塗る”選択肢を追加
          ツールバーにICCプロファイルからのインポートのアイコンを追加

          多点アイテムを束ねるツール(Item Bundler)を新設

example of bundling 複数の個々に名称をもつ色度範囲を1つのItem Bundlerに集約 example of bundling

2015年7月27日

    作製室のページの記載の順番とリンクを整理しました(記事の新しい順に変更しました)。
    ギャラリーの画像データを、最新版(Ver.0.766)で作成し直して差し替えました。

2015年7月23日

    作製室のページに、CIE L*a*b*とD50の関係を追加しました。
    
    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.765 → 0.766
          文字表示で データの平均(中心)位置へのプロットを"4.Center of all"を追加
          アイテムリストの表示範囲を可変できる仕様に変更(Form1のみ)
          (変更はアイテムリストと色度図の境界線にマウスカーソルを合わせてドラッグするだけ)

old colorac window new colorac window

2015年6月21日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.764 → 0.765
          フォント選択の文字サイズ倍率の編集ボックスに小数点の入力が不可に
          なってしまっていた。修正すると共に、別のタブ(ページ)を新設して
          フォント選択を移し、表示イメージを加えました。
          多点(Multipoijnt)アイテムの編集ダイアログで、ダイアログを
          開いた時に、データオプション有りのデータがオプション無しに
          変更されてしまう不具合を修正しました。

2015年6月19日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.763 → 0.764
          Ver0.763でICCプロファイルからのデータ取得に問題が発生したため修正します。
          (アイテムのデータ座標系の指定が反映されなくなっていた)

2015年6月17日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.762 → 0.763
          変換(Data Transformation)アイテムに黒色度(Black point)の入力を追加。
          IntraSpaceの彩色を規定するディスプレイ諸元の選択(入力)を追加
    
    作製室のページに、CIE2000色差の計算を追加しました。

2015年4月14日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.761 → 0.762
          凡例の項目数が増えた場合の対処をしました。
          相関色温度の計算に適用するc2(放射の第二定数)の値をJIS規定と合わせました。
          相関色温度の計算に、JIS Z 8725準拠の選択を追加しました。
          Multipointの編集画面のデータ桁数を増やしました。
    
    サボっていた作製室のページに、相関色温度の計算についてを追加しました。

2015年2月26日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.760 → 0.761
          RGBWアイテムのWの扱い方針(仕様)を変更し、W=R+G+Bの指定が可能になりました。
          新規アイテム 変換(Data Transformation)を追加しました。
          色度点間の線と色度のマークの表示に縁ぶち付ける機能を追加し、
          ライン&マークのタブのデザインを整理しました。
          CIELABのa*-b*図で、RGBの3原色を指定しなくても背景色の描画が可能な仕様に変更しました。
         
    外部リンク(ColorACを紹介していただいたサイト)を追加しました。

2014年12月18日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.759 → 0.760
          Ver0.759に、Wの値のみのRGBWアイテムがCIELABでプロットされないバグがあり、
          対策しました。
          根本原因は、W=R+G+Bの解釈の部分で、RGBWアテイムの扱いを変更する
          必要があるのですが、全体の構成の調整に手間取っているので、一旦 不具合個所の
          対策だけのVerを公開しておきます。

2014年11月28日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.758 → 0.759
          アイテムリストの右クリックメニューで呼び出す 選択削除の不具合の対策。
          RGBWアイテムで、CIELAB、HSVの座標変換無し指定した場合の不具合の対策。
          凡例(Legend)の描画設定に、アイテム順の逆転 を追加。
         
          仕様変更
          ・サマリの対象アイテムを、プロット対象アイテムのみに絞る仕様に変更。
          ・ディスプレイのICCプロファイルからのRGBの3原色のインポートで
          LUTから取得する選択肢を追加(従来は色タグ値のみ)。
          ・ディスプレイのICCプロファイルからのインポートで、黒色の扱い方針を変更
          旧:黒の処理を明確にしない(プロファイル次第)
          → 新:黒データがある時は、黒補正する/しないを明確化。

2014年10月31日

    ダウンロードファイル改定
          ちょこちょこ小出しで変えてすいません・・・
         
         ・ColorAC Version 0.757 → 0.758
          ICCプロファイルから色域(Gamut)を取得する時にCIELAB上で
          範囲の制限 -128≦ a*,b* ≦127 があり、広色域モニタのICCプロファイルなどの
          扱いに難があったのですが、値が制限されない様に改善しました。

2014年10月29日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.756 → 0.757
          表示レイアウトの調整を全画面サイズ基準から
          メインウィンドウサイズを基準に仕様変更しました。
          描画データが変更されても、画面やアイテムリストが更新されていない場合に、
          再描画(View)ボタンが点滅して知らせる様にしました。
          領域重なり(Overlap)アイテムの塗りつぶし(AreaFill)で
          重ならない部分を塗る選択肢を追加
          その他、グラフエリア名の上に座標系を表示、右下のコメントの調整幅追加など。

2014年10月16日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.755 → 0.756
          色度図を拡大した時に線描画に異常に時間が掛かる現象の対策(自前でクリップ)。
          CIELABなどの座標変換無効データに対して、Summaryで異常終了するバグを修正。
          マルチスレッド処理の、スレッド優先度の設定メニューを追加。
          Summaryの簡易表示ウインドウで、表形式のカラム幅変更をColorACが終了するまで
          保持する様に仕様変更。

2014年9月26日

    ダウンロードファイル改定 (バグ修正)
         ・ColorAC Version 0.754 → 0.755
          Multipoint(多点)アイテムで、データが1個の場合に
          Summaryで動作異常が起こるバグを修正。
          Bitmap保存で、画素数指定すると異常動作になる不具合を修正。
          メインウインドウのボタンデザインを一部変更。

2014年9月8日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.753 → 0.754
          Summaryの簡易表示で、表示が出なくなる可能性が見つかりました。
          修正版です。

2014年9月5日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.752 → 0.753
          レジストリの使用有無の設定を追加しました(説明書 1-5, 3-40, 5-9-3参照)。
          Summaryの表形式簡易表示で、矢印キーの操作を実装しました。
          アイテムリストの表示で、領域重なりアイテムでカバー率を目立つ表示にしていたが、
          使用中に行選択によるグレー表示化で、無効になる場合が多かった。
          グレー表示になり難い様に修正しました。

2014年8月26日

    ダウンロードファイル改定
         ・ColorAC Version 0.751 → 0.752
          Summaryの簡易表示で、矩形領域選択可能な表形式をサポートしました。
          一旦計算表ソフトに貼りつけて必要なデータだけコピーし直す手間が、少し軽くなります。
          新規ファイルや、アイテムの初期値を設定可能な機能とオプションメニューを追加。
          RGBWアイテムのプリセットデータも追加可能。
          可視領域彩色(色度図の色)の設定で、お勧め設定ボタンを付けました。
          難解な設定パラメータを操作する必要がありません。
          RGBWアイテムおよび多点(Multipoint)アイテムのデータ貼り付け画面を、見やすい様に改善。
          領域重なりアイテムで、一般に実害の無いデータ値の重複を許容する様に仕様を変更。